薄毛はやっぱりウィッグで隠さず、育毛で改善するべきです。育毛シャンプーに注目しましょう!

育毛シャンプーのことや、育毛についてご紹介しています。

★美容室のトリートメントはカラーやパーマの罪滅ぼしか?

カラーリングやパーマは、多くの学校が禁止をしています。

だから、ほぼすべての女性は高校を卒業すれば、すぐにカラーとパーマをかけます。禁止されていることって、どうしてもやってみたくなるものです。東京の高校生は、高校生の時点でカラーリングしている人がたくさんいますが、地方の高校は、真っ黒な髪の毛をしています。校則って、都内と地方ではちがうのかしら?

パーマ液やカラーリング剤は、劇薬です。だから美容師さんは、カラー剤やパーマ液がひたいや耳に触れないように、いろんなケアをしてくれます。また、美容師さん自身が手袋をしてカラーやパーマをしてくれます。肌への刺激が強いのです。ひたいにパーマ液やカラー剤が触れて、染みるように痛かった女性も多いと思います。美容師さんで手荒れをしているのは、パーマ液やカラー剤の影響です。シャンプーやトリートメントで手荒れしている美容師さんもいると思います。カラー剤やパーマ液は、薬剤の化学反応のチカラを借りているのです。高校の化学の授業で、カラー剤のことを教えてくれていれば、カラーリングやパーマに関する危険性を知ることになっていたと思いますが、学校は、なにがなんでも、理由などなくパーマ禁止と言います。高校生は、思いつきで反発します。よって、誰も危険性をロクに知りもしないまま、卒業と同時に美容室に走ります。

カラーやパーマが終わると、その後、シャンプーやトリートメントをしてくれます。

シャンプーやトリートメントも劇薬ですが…

最近はオーガニックなものを使用して、頭皮をいたわってくれたりします。どれだけオーガニックなすばらしいトリートメントを使ってくれたからといって、髪の毛や頭皮がカラー、パーマで受けたダメージは、消えるモノではありません。その後1~2週間はダメージを受けたままです。だからホームケアがすごく大切になります。お家で、市販のシャンプーを使うと、それは薄めた劇薬で頭皮ケアをしているようなものです。ちゃんとアミノ酸シャンプーなどオーガニックシャンプーを買って、頭皮と髪の毛の保湿をおこないましょう。

美容室のケアって、お家でできないことをしてくれるから、高い金額をとれて、商売が成立しているのです。お家でできないケアもいろいろ種類があって、最近はすべてオーガニックなことをしてくれる美容室もありますが、だいたいは、劇薬的なものを使って化学変化を楽しむことに集約されます。せめてお家ではオーガニックシャンプーを……と思います。