薄毛はやっぱりウィッグで隠さず、育毛で改善するべきです。育毛シャンプーに注目しましょう!

育毛シャンプーのことや、育毛についてご紹介しています。

★クセ毛の人は水分補給が大切

一時、朝にシャンプーする人が増えましたが、今も継続的に行っている人はいるのでしょうか。

夜にシャンプーして丁寧にドライヤーでブローしても、一晩寝ると寝癖がついてしまい、努力が水の泡になってしまいます。 それだったら、朝起きてからシャンプーした方が寝癖がつかずに済む、という理由で朝にシャンプーする人は今でも多いのではないでしょうか。 とはいえ、朝はなかなか余裕がありません。 夜にシャンプーをするように、丁寧に時間をかけて、なんて果たしてできるのでしょうか。 だいたいの人が、短い時間でパパッと洗って、タオルでゴシゴシ拭いて、ドライヤーをなるべく近くてあてて乾かす、そんな感じではないでしょうか。

丁寧にシャンプーしないと洗い残しが出てしまうし、タオルでゴシゴシ擦ったら摩擦で頭皮や髪が傷んでしまいます。 また、ドライヤーの熱風を近くで長い時間あてていたら、やはり髪は痛んでしまいます。 何か他の理由で朝にシャンプーしなければならないというのなら仕方がありませんが、それ以外の場合は、できるだけ夜にゆっくりと丁寧に洗うことがおすすめです。 そして、夜についてしまった寝癖は、寝癖直し用のミストなどを使って、丁寧に直してあげることの方がおすすめなのです。 中には生まれつきクセ毛だという人もたくさんいますよね。 生まれつきのクセ毛の人は、これまでずっと苦労してきたと思います。 クセ毛を直すのに、霧吹きなどでクセの部分を濡らし、その後丁寧にブローしてなんとかするという人が多いのではないでしょうか。 仕上げにヘアワックスやヘアスプレーなどつけて、艶を与えたりしていることでしょう。

ですが、このやり方はベストとは言えません。 クセ毛というのは、髪の毛の中の水分が不足するとなってしまうものなのです。 髪の毛の中に足りてない水分を補おうとして、髪の毛が空気中から水分を吸水しようと膨張してしまうのです。 その一方で、乾燥した部分はそのまま残るため、自然と髪にうねりが出てきてしまいます。 人はどうしても見ためを気にしてしまうものなので、クセ毛をも見ためだけでどうにかしようと思いがちです。 しかし、クセ毛を根本からどうにかしたいと思うのなら、形を整えることより、まず、髪の毛の中の水分を補うことをまずは考えてあげてください。 とにかく水分を補給してあげて、クセが広がらないようにしてあげると、スタイリングがずいぶん楽になると思います。

直毛の人は、根元をきちんと乾かす

クセ毛の人にとって、ストレートヘアは永遠の憧れです。

ストレートのサラサラの髪の毛は、何一つ悩みなどないように思えるからです。 しかし、そうとも限らないのです。 ストレートヘアの人だって、それなりに悩んだりするのですよ。 まず、髪にボリュームが出ません。 そして、パーマをかけようとしても、なかなかかかりづらいのです。 ブロする時も、なかなかカールがつかなかったりすると、ドライヤーをしつこくあてたり、またホットカーラーやヘアアイロンなどを長時間使ったりするので、だいぶ髪を痛めてしまうのです。 ストレートヘアの人は、とにかく根元をよく乾かしてあげましょう。 くれぐれも髪の根元にスタイリングをつけたりはしないでくださいね。 スタイリング剤は頭皮についてしまうと、匂いの原因になってしまいます。 シャンプーでも落ちづらいので、毛穴をふさいだりする可能性もあります。 大切なのは、頭皮や髪をダメージから守ることなのです。 スタイリングは二の次です。