薄毛はやっぱりウィッグで隠さず、育毛で改善するべきです。育毛シャンプーに注目しましょう!

育毛シャンプーのことや、育毛についてご紹介しています。

★美容室にお任せは危険

美容師さんと聞けば、髪の毛のことはなんでも任せられそうな気がしますよね。

私たちは美容師さんに絶大な信頼を持っていて、ただお任せしていれば、必ず美しい髪になれる、なんて思いこんでいます。 でも、実はそれが大きな落とし穴なんです。 今の時代、カリスマ美容師なるものが出現して、その技術もすごいものがあります。 そのせいか、ちょっと伸びたらカットをし、頭頂部の色が変わってきたらすぐカラーリング、パーマがゆるくなってきたらすぐパーマをかける、といった風に頻繁に美容室へ行く人も増えてきました。 でも、これでは髪の負担が相当増えてしまいます。 たしかに新しい薬剤が次々と出現し、髪に優しいといいうものもたくさんあります。

しかしながら、髪に100%悪くないという薬剤など存在しないといってもいいでしょう。 カットの技術においても様々な形のものが出現し、毛先を斜めにカッするというようなものが主流になっています。 私たちの髪の毛というのは実は円柱形です。 斜めに切ってしまうと、その分断面が大きくなってしまいます。 断面部分が大きくなるといったいどうなるのか。 それは、その部分から水分や栄養が出ていきやすくなってしまうのです。

もちろん、ダメージだってどんどん大きくなってしまいます。

美容室にはよくサロン専用のトリートメントなどを置いています。

パーマをかけたりカラーリングをすると、その薬剤に合ったトリートメントを勧めてくれたりしますよね。 パーマやカラーリングによってダメージをうけた髪を良くしてくれるとはいいますが、なかなか持続して効果を感じることは難しいようです。 美容室へ行った後というのは、形も整っているし、艶も出ているし、髪の毛の状態が良くなったような気がしますが、それはプロのブローテクニックのおかげだったりします。 やはり本当に美しい髪を望むのなら、日々のお手入れをきちんとするしかないのです。

美容室へ行った後は特に髪の毛のお手入れを怠ってはいけません。 パーマやカラーリングなどで髪の毛は充分にダメージを受けているのですから。 もし、美容室でシャンプーやトリートメントを勧められて購入した場合、まずは成分表を見てみることをお勧めします。 いくら美容師さんが良いと言ってくれても、実際に使われている成分を見ないと判断はできません。 間違えてはいけないのが、髪にとって良い成分がたくさん入っていることより、髪に悪いな成分が入っていないことなのです。 美容院のものだからと安心せずに、きちんと自分で判断して購入しましょう。